あなたの手汗レベルはどれくらい?

あなたの手汗レベルはどれくらい?人には聞けない手汗の知識

手汗に悩む人は多いですが、
恥ずかしくてなかなかオープンにはできない悩みの一つです。

 

自分の手のひらのべたつきが、
他人と比べてどの程度なのかを知るのはなかなか難しいですよね。

 

まずは自分の手汗レベルがどれくらいか知って、
手汗を解消させる対処法を見つけましょう!

 

手のひらを触ってみよう!汗をかいていたらレベル1

 

自分の手のひらに触ってみて、しっとりと汗で濡れている程度なら、
あなたの手汗はレベル1です。

 

比較的軽度な手汗と言っていいでしょう。
このレベルであれば、制汗剤を利用することや、
こまめに手を拭くことで十分改善することができます。

 

夏場などであれば普段手汗をかかない人でも
このレベルに手のひらが濡れていることもあるので、
あまり気にしすぎる必要はないかもしれません。

 

手を光に当ててみよう!汗で濡れていたらレベル2

 

手のひらを光に当てた時に、
汗のしずくで手のひらが光っていたら
レベル2程度の手汗の可能性があります。

 

汗の水滴が見えるという状態なので、自分で見ても他人から見ても、
手汗をかいていると一目でわかってしまいます。

 

紙を持った時に濡れてしまったり、
何かものを持つときに濡れて滑りやすくなってしまうのも、
このレベル2程度の症状です。

 

医師としては、このレベル2あたりからを多汗症として、
病院での治療が必要と考えているそうです。

 

手のひらに水たまりが!そんなあなたはレベル3

 

レベル3の手汗は、手のひらに汗で水たまりができて、
ぽたぽたと垂れてしまうほどのものです。

 

ここまでくると完全に多汗症といえますので、
病院での治療をお勧めします。

 

専門的な治療を受けないと、
なかなか自力では改善することが難しいレベルです。

 

どうしても応急処置でも改善したいなら、
濃い目のミョウバン水を使って制汗剤代わりに使いましょう。

 

しかし、これはあくまでも応急処置なので
根本的な手汗の解消にはつながりません。

 

レベル3の手汗は日常生活にも支障をきたすため、
手術などを視野に入れた治療も考えていいでしょう。

 

自分の手汗レベルはどのレベルでしたか?

 

レベル2以上の手汗の症状が出ている場合は、
自律神経やホルモンバランスの乱れなど、
手汗以外にも体の不調につながる厄介な原因が考えられることが多いです。

 

そのため、早めに専門家の診断を受けることをお勧めします。

 

べたべたと不愉快な手汗を治して、
すっきり快適な日常生活を送りましょう!