ファリネで効果がない人の共通点とは?

ファリネで効果がない人の共通点とは?

ファリネを使ったけど効果がなかった・・・
そのような方にはある共通点があるようです。

 

もし、あなたもこの共通点に当てはまる場合、
ひょっとすると効果を実感するのは難しいかもしれません。

 

その共通点とは?

 

● 手汗レベルが3、又は3に近い2の人

 

手汗には人それぞれにレベルがあります。
これは、手のひらにある汗腺(エクリン腺)の量は個人差があって、
比較的多い人から、非常に多い人まで様々です。

 

このレベルには1~3に分かれます。
レベル1=手のひらが汗で湿っている
レベル2=手のひらに汗の水滴ができる
レベル3=手のひらから汗が垂れるほど汗をかく

 

手汗のレベルが上がるほどに汗の量が多くなってくるので
ファリネで汗を止めるのが難しくなってきます。

 

● ファリネの使い方を間違っている

 

ファリネで効果がなかった人の間で意外に多いのが
間違った使い方をしているケースです。

 

ファリネを買うと使い方の冊子が入っていて、
正しい使い方もしっかり説明されていますが
その内容を読まずに使っている場合に間違いが起こります。

 

基本的には、
・手が濡れている場合にはしっかりと湿気を拭いてから使用する
・指と指の間にもしっかりとパウダーの粉を付ける
・1回に片手で8回パッティングする
・手汗がひどい場合にはパフを使わずにパウダーを直接手に付ける
・継続的に使うことで効果が出やすくなる

 

このような基本的な使い方をすると効果を実感しやすくなります。
反対に、これと逆のことをすると効果を実感するのは難しくなります。

 

例えば、手が濡れている状態で使用してもパウダーが手になじまず
手汗も止まりません。

 

実は、私も最初に間違った使い方をしていて効果を実感することが
出来ませんでしたがメーカーに連絡して自分の間違いに気づきました(汗

 

ファリネを使う際には間違った使い方をしないようにして、
効果を実感して下さいね。

 

 

<<前のページへ    次のページへ>>