制汗剤の選び方

イヤな手汗に効果あり!制汗剤の選び方あれこれ

手汗を簡単に抑えるには、やはり制汗剤が便利です。
制汗剤にもいろいろと種類はありますが、
手汗に効果のある商品を選ぶのが大切です。

 

手汗に効果を発揮する制汗剤はどうやって選んだらいいか、
どんな時に制汗剤を使うと手汗に効果的なのかなど、
手汗と制汗剤についての知識をご紹介します。

手汗に最適な効果の制汗剤とは?

制汗剤とはその名のとおり汗を抑えるための製品です。
そのため、基本的にはどんなタイプの制汗剤も汗を抑える効果と、
汗のにおいを抑える効果は必ず含まれています。

 

その中でも手汗を防ぐ効果を発揮する制汗剤を選ぶために
見て頂きたいポイントは、中に入っている成分です。

 

「塩化アルミニウム」という成分が配合されている制汗剤は、
厄介な手汗にも効果を発揮します。

 

塩化アルミニウムは、皮膚科で多汗症の治療を受ける際にも
薬として使われている成分です。

 

汗腺の働きを抑制して汗を抑える効果があるので、
手汗を抑えるにはぴったりです。

 

ただし、皮膚への刺激が強い成分でもあるので、
皮膚の弱い部分への使用や、連続しての頻繁な使用は
なるべく避けることをお勧めします。

このタイプの制汗剤は手汗に逆効果?

多くの人は手汗の悩みで、ベタつきや
汗の湿った感じを軽減したいと考えています。

 

手汗は汗臭さの原因となる成分はあまり含まれていないので、
手汗の汗臭さに悩む人はそれほど多くないようです。

 

そのため、制汗剤を選ぶ際に「抗菌・消臭作用」と
うたわれている商品は手汗にそれほど効果的ではありません。

 

抗菌、消臭作用効果があり、多くの制汗剤に含まれる銀イオンは、
長期間にわたって使用すると色素沈着やかぶれの原因になり、
汗腺を刺激して手汗に逆効果になってしまう可能性もあります。

 

手汗に効果のある制汗剤を選ぶときは、抗菌や消臭作用よりも、
制汗成分を重視して選びましょう。

手汗に効果のある制汗剤はどのタイプ?

ドラッグストアに行くと、制汗剤にも様々なタイプがあります。
一番一般的なものはスプレータイプで、
携帯性にも優れた手軽な制汗剤です。

 

その他にも、クリーム、パウダー、固形タイプなど、
実に様々な種類の制汗剤が存在します。

 

その中でも、手汗に効果のある制汗剤は、
肌に直接塗るタイプのものです。

 

スプレータイプは非常に便利ですが、手のひらは物に触ったりと
使用する頻度が多い場所ですので、
より密着度の高い制汗剤を選ぶのが効果的です。

 

そのため、クリームタイプなどの制汗剤を選ぶのがおすすめです。

 

手汗による肌のべたつきが気になる方は、
手のひらをサラサラとした感触にしてくれる
パウダータイプの制汗剤がぴったりです。

 

制汗剤の種類は様々ですが、自分の手汗のタイプによって、
より効果的な制汗剤を選ぶことが大切です。

 

手汗の量が気になる方は、より制汗成分の多いものを選んだり、
手のひらのべたつきが気になる方はパウダータイプを
使用したり、制汗剤の使い分けで一層手汗への効果が高まります。

 

ただし、どんな制汗剤も汗腺をふさいでしまうため、
長時間の使用はトラブルの原因となってしまうので避けましょう。