ベタベタ手のひらの原因

手汗の原因を知ってベタベタ手のひらにサヨナラしよう!

不快で気になる手汗は、普通の汗と違って
なんだかベタベタと嫌な感触ですよね。
何故、手汗はベタベタに感じるのか、その原因をご紹介します。

 

手汗がベタベタする原因は、
実は非常に興味深い理由があるんです!

手汗のベタベタの原因は、汗の成分の違い

額などから流れる普通の汗は、
水っぽくサラサラとしているものがほとんどです。

 

それに対して、手にかく汗はベタベタとして嫌な感触がします。
普通の汗と違い、湿った感触が気持ち悪く、
不快に思われる方も多いです。

 

しかし、普通の汗と手汗には、実は成分の違いはほぼないのです。
人間の汗に含まれている成分の9割以上は水でできています。
そのため、普通の汗と手汗はほぼ同じです。

 

では、なぜこんなにもベタつきが違うのでしょうか。
それは、残りの1割の成分の違いにあります。

手汗がベタベタするのはストレスが原因です

運動や温度の変化によって流れる普通の汗は、
人間の体からごく自然に出るものです。

 

しかし、手汗は緊張やストレスで自律神経が乱れ、
交感神経が優位に働いた状態で流れます。

 

そういったストレスを抱えていると、体内の血流が悪くなり、
内分泌に影響が出ます。

 

そのため、ストレスを感じた状態で出てくる手汗には、
通常の汗よりも不純物が多く混じっているのです。

 

ミネラルやナトリウムなど、
水分以外の物質が多ければ多いほど、
手汗がベタベタする原因になります。

 

ベタベタする手汗の原因を取り除くために

気になる手汗のベタベタを解消するためには、
ベタベタする原因を取り除き、手にかく汗の質を、
普通の汗の質と同じものにできるだけ近付けてあげることです。

 

そのための対処法として、手のひらの汗腺の働きを
正常に戻してあげることが有効です。

 

汗腺の働きが弱ると、汗を正常に排出する機能が落ち、
不純物を含んだ汗が出やすくなります。

 

そうした汗はベタベタして蒸発しにくく、
さらに汗腺の働きを妨げてしまう悪循環が生まれます。

 

汗腺の働きを上げるには、運動や入浴で
たくさん汗をかくことが効果的です。

 

手汗に悩んでいるのに汗をかくのかと
疑問に思うかもしれませんが、運動や入浴でかく汗は
ストレスから発生する汗とは違い、健康的な普通の汗です。

 

そのような普通の成分の汗を多くかくことで、
汗腺の働きが強化され、ベタベタの原因となる
不快な手汗が減少する効果があります。

 

ベタベタした手汗は自分も相手も不快にさせてしまいます。
さらりとした気持ちのいい手になるために、
ベタベタ手汗の原因を取り除きましょう。

 

運動や入浴は汗腺の働きを高めるだけでなく、
ストレス解消にも効果があるため、
汗の成分にも変化が起こります。

 

心身ともに健康的な生活を意識して、
ベタベタした手汗にお別れしましょう!